アレルゲンを特定して原因の除去または減少してアトピー性皮膚炎を改善しましょう

成人のアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、一般的には乳幼児の時期に発生し、思春期頃には治ることが多いのですが、最近では、思春期や成人してから発症することが少なくありません

アトピーに悩んでいる女性バナー

 

成人してから発症すると、子供よりも治りにくく、強い痒みや見た目にも、生活や仕事などの社会生活に影響を及ぼすこともあります。

アトピーは接触感染するのでしょうか?

 

ストレスなどの精神的な状態が発症する原因とされることがありますが、それだけでアトピー性皮膚炎が発症することはなく、疾患の経過に精神的な問題が影響することが考えられます。

 

乳幼児からアトピー性皮膚炎が継続している場合がほとんどですが、1度治っても再発したり、成人してから突然発症することがあります。

 

予防策として、普段の食生活に気を遣うことが挙げられます。できるだけ摂取するアレルゲンの量を減らすよう心がけると良いでしょう。
認知症予防の観点では、食生活の改善の他に認知症予防サプリメントが注目を集めています。
普段摂取する成分が変わるだけで症状改善の可能性はグンと上がります。

 

湿疹は、さまざまな形で全身に現れ、強い痒みがあり、慢性化するほど悪化した状態になります。

  • 皮膚は全体がザラザラしており、肥厚した発疹がこけのようになったりすることがあります
  • 肌は色素が沈着して赤黒くなったり、逆に色素が抜け落ちて白くなるようなこともあります
  • 顔の他に首、胸、膝や腕の裏側、腰の周りなどに現れることが多いです

 

成人のアトピー性皮膚炎は、環境要因による場合が多いといわれているのが子供のアトピー性皮膚炎と異なります

 

アトピーの環境要因は、ほこりやダニ・花粉・カビ・ペットの毛・寝具の綿や毛布などの吸入アレルゲンなどがあります。

 

最近では、住まいの洋風化で部屋の換気が悪くなっていることや材質の影響でのアレルゲンの多様化や大気の汚染で吸入性のアレルギーが増えています。

アトピーは環境汚染が原因?

 

しかし、吸入アレルゲンを完全に除去することは難しく、このことが成人のアトピーが治りにくい理由でもあります。

 

そこで、原因の吸入アレルゲンの量を減らすことで、症状を軽くすることもできます

 

また、成人のアトピーは、完成した皮膚のバリア機能であるため、治りづらくなっていますが、アレルゲンを特定して原因の除去または減少して、アトピーを改善しましょう。

乳児・幼児・学童期のアトピー性皮膚炎

日本では、およそ5~20%くらいの子供がアトピー性皮膚炎であるといわれています。

 

湿疹の程度は80%くらいが軽症で、全身に湿疹が広がっている重症は数%で、1%以下は直ぐに入院が必要な最重症です。

 

アトピー性皮膚炎は、強い痒みがあること、湿疹があらわれる部位や症状が変わること、乳幼児の時期に多いが、成長とともに治ることが多いこと、アレルギー体質であることが特徴です。

 

アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質の最初の疾患として、早くは乳児期の生後2~3ヶ月くらいに現れることがあります。
子供の皮膚病の大半を占めていますが、アレルギー性鼻炎や気管支ぜんそくに進むこともありますので、十分な治療と生活の改善が重要です。

 

アトピー性皮膚炎の症状は、3分に1は小学校入学までに軽くなり、さらに3分の1は中学校入学までに治りますが、残りの3分の1は成人まで続きますが、一般的には、成長とともに軽くなります。

 

乳児期のアトピーの症状

生後数カ月から1歳くらいまでの期間の皮膚炎は、最初に頭、顔、耳に赤みのある湿疹ができ、その後は皮膚がカサカサとはがれ落ち、水泡なども出てきます。
水泡から出てくる分泌物はジクジクしており、かさぶたができますが、ジクジクせずに乾燥していることもあります。

 

皮膚炎は鼻や口の周辺以外の顔全体に広がりやすいです。
強い痒みがあるために、掻きむしってしまうことが多いので、とびひなどの二次感染を起こしてしまうことがあります。

 

また、生後3カ月までの湿疹は脂漏性湿疹である場合が多いので、皮膚科や小児科で受診しましょう。

 

幼児期・学童期のアトピーの症状

およそ1歳くらいから10歳くらいまでの期間の皮膚炎ですが、ほとんどが乳児期のアトピー性皮膚炎が継続している場合が多いのですが、1度治癒しても再発することがあり、またこの時期に発症することもあります。

 

皮膚炎は顔以外にも首、腕、手足、腹部など体全体に広がります。

 

乳児期よりジクジクしないで乾燥しているものが多く、赤褐色の平らな湿疹ですが、とり肌のようになることがあります。
痒みが非常に強く、特に体を温め過ぎると痒みが増します。

 

日本皮膚科学会のホームページでもアトピーについての様々な情報が載っているガイドラインが公開されています。