オメガ6を減らし、オメガ3に切り替えましょう。

オメガ6の摂り過ぎをやめてアトピー改善

 

アトピー性皮膚炎の改善のための食事で重要なことは、どのような油を摂るかがとても重要です。

 

アトピーにはアラキドン酸が問題

 

アトピー性皮膚炎の場合、食生活にも気遣うことはとても大切です。
野菜中心にし、牛肉、豚肉、鶏肉を控えることが大切です。

 

調理に使う油で注意したいのは、リノール酸です。
リノール酸は、サフラワー油、コーン油、大豆油、菜種油、ヒマワリ油等に含まれ、多くの食品にも加えられています。これらの油は、オメガ6と呼ばれる系列の油で、健康に良いというイメージがありますが、アトピー性皮膚炎に悪影響を与える、アラキドン酸に変化します。

 

最近多くなったアレルギーの原因は、アラキドン酸の過剰摂取とも言えます。
豚肉、鶏肉にもアラキドン酸は多く含まれ、肉食中心、リノール酸の多い油を使った揚げ物など、欧米風の食事をしていると、アラキドン酸の過剰摂取となり、オメガ6の油は、代謝で悪性のエイコノサイドとなり、これが原因で、アレルギーを起こしやすい細胞膜となってしまいます。

 

 

 

アトピーにおススメのオイル

 

調理に使う油をなるべくオメガ3の油に切り替えることで、過剰摂取は抑えられます。

 

オメガ3の油は魚油、えごま油、シソ油、フラックスシード油、です。
この油は、酸化されやすいため、ドレッシングなどには、オメガ3を使い、炒め物などには、オメガ9系列のオレイン酸を含むオリーブオイルを使うようにします。

 

いくら良い油と言っても、酸化されるとアトピー性皮膚炎には良くないので、油の酸化には注意が必要です。オリーブオイルは、酸化しにくい油ですので、いろんな調理に使うことができます。

スナック菓子の画像

 

加工食品や、スナックなどには、リノール酸の油が多くつかわれています。市販のマヨネーズや、ドレッシングなども、オメガ6系の油が使われており、また、マーガリンなども注意しなくてはいけません。

 

炒め物、揚げ物よりは、煮物や蒸し物といった調理方法で食べると、油の量は抑えることができますが、全く油抜きにしてしまうと、必須脂肪酸の不足となりますので、気を付けましょう。

 

アトピーに悪い食べ物とは?