アトピーの入浴方法はぬる目のお湯につかり刺激の少ない石鹸で洗うようにします。

アトピーの入浴時の注意

 

アトピーの場合、痒くてかきむしってしまうと、入浴する際しみて痛いので、シャワーでさっと済ませるという人もいますが、入浴することは実はとても大切です。

 

<アトピーの人に大切な紫外線対策はこちら。>

 

アトピーの入浴の重要性

 

アトピー肌は、乾燥するので、入浴を禁止する医師もいるようですが、実は入浴することでアトピーにとって良いことがあります。肌に刺激を与えているものは、ほこりの場合などもあるので、清潔を保つのは炎症を避けるために重要です。

 

ステロイド剤を塗っている場合、ステロイド剤のクリーム成分をちゃんと洗い落とすことが大切です。肌に油分が残っていると、ステロイド剤を塗っても効きにくくなります。
しかし、シャワーではクリームの油分を十分に洗い流すことができないことが良くあります。

 

副作用のあるステロイド剤は使わないようにしたいというアトピーの人は多いのですが、どうしても耐えられずに塗ってしまうということもあります。

 

ですが、強い薬に変える前に、まずはきちんと洗い流すことからはじめてみましょう
前に塗ったクリームがきちんと落ちていないことに気づかず、効き目が薄れていることもあります。

 

ステロイド剤が効きにくくなった人が、きちんと入浴した後、効くようになったというケースが良くあります。

 

 

 

アトピーの入浴方法

 

アトピーでの入浴で、気を付けたいのが温度です。

 

あまり高い温度では、肌の脂を採りすぎ、乾燥してしまいますので、ぬる目の40度ぐらいまでで半身浴をしましょう。じっくりと10分以上つかると、血液の循環も良くなり、新陳代謝も活発になり肌の再生も促されます。

 

リラックスして、ストレスの解消を行うようにします。
汗をかくと、刺激になるので汗をかかない程度にあたたまるようにします。

 

石鹸の画像

 

石鹸は刺激の少なく、添加物が入っていないもので、昔からある固形の石鹸で界面活性剤も入っていない物を選びます。シャンプーも、肌に刺激を与えるので、刺激の少ないものを選びます。
また、きちんと洗い流すようにします。

 

石鹸を木綿のタオルで充分泡立ててから、その泡で洗うようにします。
炎症があるところは、泡を手に取って優しく洗います。他の部分は、タオルを使って洗っても良いですが、デリケートなところは泡で洗うようにします。

 

洗った後は、石鹸が肌に残らないようにシャワーで全て洗い流します。

 

湯船につかっているだけでも、汚れのほとんどは落ちてしまいますが、脂汚れなどは、石鹸で落とす必要があります。