肌に刺激の少ない日焼け止めを使って紫外線対策を万全にしましょう。

アトピーの紫外線対策

 

アトピーの症状は、外出時には注意が必要です。
特に、紫外線対策には気を付けなければいけません。

 

アトピー肌の外出時の注意

 

アトピー肌の場合、バリアー機能が健康な肌よりも低下しており、外出時には、いろいろな刺激があるので特に注意しなければいけません。

 

四季を通して室内と室外の温度差があることや、春の花粉の舞う季節や都会では、空気の汚れやホコリなどが肌を刺激します。

 

また、紫外線には特に気を付けなければいけません。
紫外線は、一年中降り注いでおり、特に春になる季節の変わり目などには忘れがちです。

 

アトピーの場合、バリアー機能が低下しているうえに、紫外線がそのバリアーを破壊します。
またうっかり日焼けをしてしまうと、炎症をおこしてしまいます。

 

保湿、紫外線対策はしっかりしておかないといけません。

 

 

 

アトピー肌の紫外線対策

 

アトピーの紫外線対策でまず行うのが、紫外線を浴びない工夫です。

 

日傘の画像

外出時に帽子や日傘で、紫外線をカットするものを使うことや、薄着の季節でも紫外線カットの衣類などを羽織るというようにします。
紫外線の最も強い時間帯は、正午前後になるので、その時に外出する場合には特に注意が必要です。室内にも、紫外線は入って来ることも忘れずに注意しましょう。

 

 

 

アトピーの日焼け止め選び

 

アトピー肌では、化粧品や日焼け止めに余計な添加物が入っているとそれが刺激となります。
ジェルタイプや、クリームのものは、界面活性剤や、添加物が含まれている場合が多く、無添加パウダーファンデーションを選ぶようにしましょう

 

日焼け止めに入っている、紫外線吸収剤はとても効果的なのですが、肌に刺激が強いという難点があり、アトピー肌の場合には、紫外線錯乱剤と言われる、酸化チタン、酸化亜鉛の入っているものを選ぶようにします

 

紫外線錯乱剤は、紫外線に当たると活性酸素を発生し、それが肌に刺激をあたえることがあります。新しい技術で、ナノ化したものは、肌に吸着するという良い点がありますが、この吸着する性質が、肌に活性酸素を吸着させることとなりますので、ナノ化されていないものにします

 

活性酸素が発生することから、紫外線錯乱剤をコーティングしているものも売り出されていますが、メーカーによると、技術に問題のあるものがあるので、コーティングが取れたりすることもあり、確かなメーカーのもので、コーティング剤に、シリカ(ケイ素)を使用しているものを選ぶようにします

 

アトピー肌が、かなり悪化している場合には、日焼け止めには刺激がどうしてもあるので、医師に相談し、自己判断で日焼け止めなどをつけないようにしましょう。