ステロイド外用薬やプロトピック軟膏などを正しく使い、皮膚の炎症を抑え、痒みを止めることがアトピー性皮膚炎を長期化させない為に最も重要

外用薬で悪化した場合について

アトピー性皮膚炎の悪化を抑えるには、スキンケアや保湿剤だけでは限界があります。

 

ステロイド外用薬やプロトピック軟膏などを正しく使い、皮膚の炎症を抑え、痒みを止めることがアトピー性皮膚炎を長期化させないために最も重要なことです。

 

外用薬の使い方を間違えると皮膚炎を悪化させる原因になりますので、薬物療法の中心である外用薬の目的と用法を理解して正しく使いましょう。

 

ステロイド外用薬の使用法
原則として皮膚の炎症を十分に抑える強さのランクの外用薬から始めます。
悪化しない状態まで回復したら、徐々に外用薬の強さのランクを弱めていき、最終的にはステロイドの使用を中止して保湿剤だけでも悪化しない状態にするのが望ましいです。

 

ステロイド外用薬を使いたくないからと、外用薬を塗るのをやめたり、早めに強さのランクを下げたりすることがありますが、それが症状の悪化の原因となり、従ってステロイド外用薬の使用量を増やすことになります。

 

ステロイド外用薬の副作用は、多くは間違って使っている場合に起こることであり、正しく使うことで湿疹や痒みは徐々に治まっていきます。
焦らずに徐々にランクを下げていくことが、アトピー性皮膚炎の治療のポイントです。

 

ステロイド外用薬は、炎症を抑える強さにより分類され、強い順にストロンゲスト 、ベリーストロング、ストロング 、ミディアム(マイルド)、ウィークの5段階です。

 

皮膚の炎症の状態や湿疹の部位や年齢などによって使用する薬のランクは選択されます。

 

ステロイド外用薬には、皮膚を外部からの細菌やウイルスから守るためのバリアにもなるので、皮膚をしっかり覆うように薬を塗りましょう。
ステロイドの副作用が気になり、薬の量を少ししか塗らないと効果はあまり期待できなくなります。ステロイド外用薬は、皮膚から浸透して患部に吸収されるので、血液中に入る量は注射や飲み薬に比べるとごくわずかです。

 

また、血液中に入ったとしても、薬は肝臓の解毒作用で代謝されるので、正しく使っていればステロイドの副作用が起こることは少なくなります。

 

その他に皮膚の色が濃くなることがありますが、ステロイド外用薬の副作用によるものではなく、炎症が治まり色素沈着するのですが、一時的なものです。