アトピーは必ずしも遺伝するわけではなく、遺伝したとしても、100%発症するとも限りません。

アトピーは遺伝するのか?

 

アトピーは100%遺伝しませんが、比較的遺伝しやすい病気でもあります。
両親のどちらかがアトピー体質である場合には約30%、両親共にアトピーである場合には約50%遺伝すると言われています。

 

しかし、アトピー体質でない両親であっても発症するパターンもあります。
アトピーは必ずしも遺伝だけで発症するとは限らないのです。

 

また、アトピー体質を遺伝したとしても、100%発症するとも限りません。
アトピーは食生活や生活環境によって発症するかしないかの方が、大きなウエイトを占めてくる病気です。

 

妊娠中に心掛けること

食生活に気をつける

妊娠中はつわりで食べられなかったり、食べづわりでついつい食べ過ぎたりしがちですが、暴飲暴食をしないように心掛けましょう。
なるべく添加物のすくない、和食を中心とした栄養バランスを送ることが大事です。
腸に老廃物を溜め込まないように、乳酸菌も摂るようにしましょう。

 

ストレスを溜めない

妊娠中には不安がつき物です。
しかし、不安になりすぎてストレスを溜めてしまうのはお腹の赤ちゃんにもよくありません。
あまり不安がらずに、ストレスを溜めない生活を送るようにしましょう。

 

アトピーを予防するために行いたいこと

こまめな掃除を行ったり、布団を適切に管理するなどして、アレルギーの原因になるハウスダストを除去するようにしましょう。
肌が乾燥しやすい場合は、肌に合った保湿剤で乾燥を防ぐように心掛けましょう。
また、ストレスを溜め込まない生活を送れるように、ストレス解消方法をみつけましょう。

 

もしアトピーになったら

できるだけ早いうちに病院を受診し、適切な診断を受けてきちんとした治療をするようにしましょう。
軽度であればあるほど、アトピーが治る確率も高くなります。