アトピー性皮膚炎の症状が悪化すると、カポジ水痘様発疹症の再発を繰り返すことがあるので注意が必要です。

カポジ水痘様発疹症の併発について

単純ヘルペスウイルスに感染して生じる症状で最も多いのが口唇ヘルペスですが、単純ヘルペスウイルスが、アトピー性皮膚炎や乳児湿疹などの症状がある皮膚の部位に感染すると全身の広い範囲に小さな水ぶくれが発生することを、「カポジ水痘様発疹症」といいます。

 

つまり、単純疱疹(口唇ヘルペス)の重い症状が、カポジ水痘様発疹症なのです。

 

カポジ水痘様発疹症は発熱と倦怠があり、主に顔面や首を中心とした上半身に疼痛や痒みをともなった水泡があらわれますが、高熱が出て水疱が全身に広がる重症の場合は、入院して治療しなければいけません。

 

アトピー性皮膚炎の人は、ステロイドなどの長期使用により皮膚の免疫低下が起こり、感染症に対する抵抗力が弱くなっているからカポジ水痘様発疹症を併発しやすいようです。

 

また、アトピー性皮膚炎で表皮のバリア機能が弱っているため、ウイルスや細菌に対する抵抗力が低下しているのです。

 

近年、カポジ水痘様発疹症の方は増加しており、その背景にはアトピー性皮膚炎の人の増加やアトピの症状の長期化が考えられます。
多くのアトピーの症状は、思春期以降に症状は落ち着つくことが多いのですが、最近では成人のアトピー症状の方が増えているようです。

 

アトピー性皮膚炎やカポジ水痘様発疹症は、皮膚を常に清潔に保つことがどちらにおいても大切なことです。

 

皮膚炎の原因であるアレルゲン、ウイルス、細菌などを抑えるには、肌に優しい無添加の石鹸を泡立ててこすらないように優しく洗い、原因をできるだけ取り除きましょう。
そして、洗顔後には肌に負担の少ない化粧水などでたっぷりと保湿をして表皮のバリア機能を回復させるて症状を重症化させないことが大切です。

 

アトピー性皮膚炎は必ず皮膚症状が良くなったり悪くなったりを繰り返すので、アトピー性皮膚炎の症状が悪化すると、カポジ水痘様発疹症の再発を繰り返すことがあるので注意が必要です。

 

また、とびひなどの感染症と区別することが難しいので、早めに皮膚科で受診するようにしてください。