アトピー症状も花粉症状もある人が鼻やのどの炎症を悪化させ、喘息も発症してしまう人もいます。

花粉症とアトピーの関係

 

アトピーと花粉症は同じアレルギーが原因で起きる病気なので、実は密接な関係性にあります。
アトピーも花粉症もアレルゲンによってアレルギー反応を引き起こします。

 

アレルギーを引き起こすアレルゲンはアトピーと花粉症では異なりますが、アレルギーを起こす物質には敏感な体質なので、アトピー症状を持っている人が花粉症にもかかっている人は、約40%ほどいると言われています。

 

アトピーと花粉症を併発した場合

花粉症の主な症状は、くしゃみ・鼻づまり・目のかゆみなどが挙げられますが、アトピーの症状も出ている場合には、目の周りや鼻の下に湿疹ができたり、もともとあった湿疹が悪化したりします。

 

普段はアトピー症状のない人でも、花粉症の時期だけ肌荒れや肌のかゆみ等のアトピー症状が発症することもあります。

 

また、アトピー症状も花粉症状もある人が鼻の炎症やのどの炎症を悪化させ、喘息も発症してしまう人もいます。
ゼーゼーやヒューヒューなどの呼吸音がするようであれば、喘息を疑って下さい。

 

アトピーと花粉症の症状を悪化させない対策方法

病院に行って適切な診断を仰ぎましょう。
アトピーは皮膚科、花粉症は耳鼻科ですが、病院によってはアレルギー全般を診察する科がある病院もあります。

 

2箇所の病院を回るのが大変であれば、アレルギー科のある病院を探すことをおすすめします。
外出時にはマスクや帽子やメガネをして、花粉が体内に入るのを防ぎましょう。
外出着も表面がツルツルしたものを着用することをおすすめします。帰宅したときにも衣服についた花粉を十分落としてから室内に入るようにしましょう。

 

室内にいる場合には、空気清浄機などを使って、室内に花粉がないようにしましょう。
窓を開けて換気をすると、室内に花粉が入り込んでしまうのでやめましょう。
洗濯物も室内に干すか、外に干すのであれば、十分に花粉を払い落としてから取り込むようにしましょう。