人間の体には侵入してきた化学物質を排泄する機能があるので、そのためには入浴や運動などでしっかり汗をかき代謝を良くすることです。

アトピーの原因である環境汚染

最近では子供のアトピーが増えており、ハウスダストやダニなどさまざまな原因があると言われています。

 

アトピー性皮膚炎は、農薬・殺虫剤や医薬品、工場や自動車からの排煙、紫外線を浴び続けることなどで、増加した活性酸素が皮膚の脂と結合して、過酸化脂質を過剰につくるので、角質層の保湿成分が失われることで発生することがあります

 

アトピー性皮膚炎の方は、地方に比べて、東京などの都市部の方が多く、肌の状態も悪くなることが多いようです。

 

人口比率では、東京を中心とする首都圏、大阪近辺、名古屋近辺、そして札幌、仙台、広島、福岡の都市部の割合は、他の地域より2倍以上になります。
このことから、都市部に多いアトピー性皮膚炎は、大気汚染つまり、化学物質の影響によるものが原因と考えられます

 

また、昔は現代より食物のアレルギーが問題にならなかったことは、近年の環境汚染による活性酸素・過酸化脂質の増加でアレルギーを起こすもととなる物質が増えていることが考えられます。

 

化学技術の発達と競争社会での豊かな暮らしは、「食」の価値観が見栄えや食べやすさ、豊富な種類と量の生産効率、コストの引き下げに変わり、農薬や添加物などの化学合成した物質を多く使用するようになりました。

 

このような食料生産は、水質や土壌の汚染、成人病やアレルギーの急増、自然や生態系の破壊などの影響を及ぼしています。

 

これからの子供の未来のためには「食」と「生活」を考えることが必要であり、生活環境のための大気汚染の対策は難しいですが、人間の体には侵入してきた化学物質を排泄する機能があります。

 

そのために重要なことは代謝を良くすることです。
入浴や運動などでしっかり汗をかき代謝を良くして、アトピー性皮膚炎を克服しましょう。

 

>>アトピーは接触感染するのでしょうか?